平山よしかずの実績
Hirayama's track record

バス停ベンチと自転車道の共存
西京区・新山陰街道「野田町」東行バス停のベンチは、バス停前に設置されていました。地域の方から、「夜間、自転車走行中にバス停付近が暗いため(当該地は街路灯が設置できないのです...)ベンチにぶつかる事故がある」との御意見をいただき、早速現地調査をしました。利用者の利便性を損なわずに安全対策をするにはどうしたら良いのか、相談者・交通局と一緒にそれぞれが悩み検討した結果、ベンチを歩道側に移設することになり、工事が完了しました。

京都市は、「京都・新自転車総合計画」を策定し、「世界トップレベルの自転車共存都市を目指して」自転車の秩序ある走行に向けて走行環境やルール・マナーなどの「見える化」に取り組んでいます。地域のひとつのバス停ベンチの問題でしたが、バス利用者、歩行者、自転車利用者が共存していくことの難しさを感じました。自転車政策が多くの市民の利便性と安全を両立して進められるよう、現場の様々な声をキャッチし届けていかねばなりません。

折しも、安全の信頼度が高かった新幹線での人災による車内火災事故が起き、新幹線利用者の利便性と安全確保に関し再考を迫られています。事業者も行政も私たち議員も一方に偏らないバランス感覚が必要ですし、同時に私は生活者の視点を大切にしていきます。

2015年07月07日



市政報告 西京区の議会報告が満載!
Outer Report


お問い合わせ

PageTop