平山よしかずの市政報告
Municipal-government report

文化庁京都移転の実証実験を視察しました。
市会経済総務委員会で「文化庁の京都移転に関連した実証実験の実施」の模様を視察しました。

これは、京都芸術センター(中京区)及び京都府庁(上京区)に設けられた文化庁スペースと文化庁(東京)をICTで繋ぎ、定例連絡や会議・打合せTV会議システムで行う実証実験です。連絡・打合せはとてもスムーズに行われていたように見えました。

文化庁の京都移転が決まり、京都が受け継ぎ育んできた文化力を生かし日本全体の文化 力向上へ役割を果たしていきたいし、京都が地域活性化への結果を出したいと、行政と議会をはじめ京都各界が前向きに取組みをはじめています。何よりも多く の市民にご理解をいただき、文化のチカラで市民生活を豊かにしていきたいと思います。そのために国の機関である文化庁が京都移転を機に、更に『地域のチカラ』に目を配り大切にしていく『すべての市民の機関』として活躍していただくことが重要と考えます。その仕組みづくりを過日の経済総務委員会でも訴えました。

同日の経済総務委員会では、市民グループ・地域団体・NPO・企業・大学などのまちづくりの提案を募集しサポートする「まちづくり・お宝バンク取組提案募集」「”みんなごと”のまちづくり推進事業」の説明がありました。

私は、自治会など地域活動と相乗効果を発揮し地域力を高めることや、NPO活動支援・地域の生ごみ堆肥化支援など既存の京都市事業とのバランスと各局・区役所との連携に必要性を指摘し質疑を行いました。


2016年07月20日



市政報告 西京区の議会報告が満載!
Outer Report


お問い合わせ

PageTop