平山よしかずの市政報告
Municipal-government report

(若者の)投票率向上を議論しました。---経済総務委員会
6月13日の経済総務委員会では選挙管理委員会事務局から、6月22日公示・7月10投開票の参議院選挙から国政では初めて18歳以上投票となるため、若年有権者の啓発を目的として龍谷大学深草学舎内に大学と共同で期日前投票所を設置するとの報告がありました。市議会委員からは広く投票率向上の観点から質疑がありました。

私は、4月6日参議院公職選挙法改正が日本共産党を除く賛成多数で可決し、(1)駅や商業施設など利便性の高い場所に「共通投票所」を設置できるようになったこと、(2)午前8時から午後8時までの期日前投票の投票時間を、各自治体の判断で前後2時間まで拡大することができるようになったこと、(3)これまで原則として「幼児」「やむを得ない事情のあるもの」しか認められなかった投票所への同伴を、18歳未満の児童・生徒について認めるようになったこと、を踏まえ投票環境の改善を求めました。

共通投票所は投票確認システムの改修や投票所設置コストなどのクリアすべき課 題がまだ多くありますが、期日前投票時間の弾力的運用はすぐに検討を始めることができます。また児童・生徒の同伴は各投票所の立会人や運営者に丁寧に趣旨 を伝えノートラブルで気持ちよく投票ができるような配慮が必要です。

他の委員からは、他の大学への期日前投票所の設置拡大や公正な運営の確保、今回の事業結果の検証と今後の投票率向上の取組など建設的議論が行われました。

言うまでもなく投票率向上には投票環境の改善のみならず政党や政治家が訴える政策が重要で、来る参議院選挙に向け私も地域の皆様の声を受け止め、公明党の政策と実績を自信を持って訴えてまいります。


2016年06月13日



市政報告 西京区の議会報告が満載!
Outer Report


お問い合わせ

PageTop