平山よしかずの市政報告
Municipal-government report

武道教育の安全対策強化を。教育福祉委員会
1月21日は平成27年最初の京都市会教育福祉委員会が開かれました。

私は、保健福祉局の「障害者の地域支援事業(新規)」に対して機動性のある(直ぐに動いてくれる)相談・支援体制構築を要望しました。

教育委員会に対しては、平成24年から保健体育の必修科目となった武道、とりわけ柔道について安全対策の強化を求めました。

質疑の中で、京都市立中学校における武道教育(大部分が柔道)での怪我が、平成24年以降毎年40件強あることが明らかになりました。これは、生徒ひとり一人の立場からみれば決して少なくない数字であり、怪我の原因分析と対策へ教育委員会として総点検が必要です。

また、授業における怪我の治療費の補償は、一定の割合(半分程度か?)にとどまることも答弁によってわかりました。補償のあり方について今後調査検討を進めようと思います。


2015年01月21日



市政報告 西京区の議会報告が満載!
Outer Report


お問い合わせ

PageTop