京都市京セラ美術館の視察【文化環境委員会】

京都市会文化環境委員会で今春リニューアルオープンした「京都市京セラ美術館」を訪れ、リニューアル後の美術館運営状況と新型コロナ感染症防止対策実施状況の説明を受け、現地を実地視察しました。

感染症対策として、事前予約制などによる入場者数コントロール、入館時の体温チェック、マスク着用の徹底、館内の随時消毒、「京都市新型コロナ安心追跡サービス」への登録呼びかけなどを行い、私たちの視察時にも「入館者への感染防止の呼びかけ」が館内放送で繰り返しアナウンスされていました。

また、展覧会も当初計画よりも変更となっていますが、来館者にご満足いただける展覧へ美術館関係者が努力されていることもよくわかりました。

リニューアルオープン後の当美術館は、館外から無料で入館できるパブリックスペースが充実され、多くの市民に愛され親しんでいただける工夫が凝らされています。とりわけ東山キューブテラスからの眺めは、京都東山の雰囲気を存分に感じることができました。

美術館は、ウィズ・コロナへ京都の文化芸術のチカラを活かしていくシンボルとして頑張っています。