バス停留所のバリアフリーと利便性向上

6月7日(金)は京都市会産業交通水道委員会が開催されました。私は、特に高齢の市民の方々から頂戴していた「市バス停のバリアフリーと利便性向上」について、調査し質疑を行いました。

現在、市バス停留所数は709箇所、標識数は1626箇所です。また、市バス車両は818両で、うち、ノンステップバスが789両、ワンステップバスが29両と車両のバリアフリー化率は100%です。

しかし、バス停での乗降に不便を感ずることが少なくありません。例えば…

1.バス停の前ドア(降り口)及び後ろドア(乗り口)と、バス停歩道の植栽の切れ込みが一致していないため、乗降者は一旦車道に降りて乗降しなければなりません。【事例:西京区 野田町(西行)】


バス車両のバリアフリーは達成し、バス停の屋根やベンチも可能なところは設置が進んでいます。バス運転手の対応も丁寧です。さらに利用者の声に耳を傾け、「人に優しいバス待ち環境」づくりに取組んでもらいたいと要望しました。