小中一貫校の視察

本年4月に、伏見区・向島ニュータウンの三つの小学校と一つの中学校が統合し、施設一体型の小中一貫教育校「向島秀蓮(しゅうれん)小中学校」が開校しました。5月15日に、曽我修市議(伏見区)とともに視察し、開校までの取組みをお聴きし、小中一貫教育の特性を活かした教育の様子を見学しました。

※本日(5月22日付)公明新聞に掲載していただきました。

開校まで2年余りの時間をかけて保護者や地域の方々と丁寧に話し合いを重ね、課題をひとつづつ解決し、児童生徒・保護者・地域が安心できる環境を整えたことや、現校長を中心に教職員が熟慮し準備した教育理念とプログラムに、感心をしました。

地元西京区・洛西ニュータウンでも小中学校統合へ検討が始まっています。学校と保護者と地域が一体となって「児童生徒のために」との理念を大切に、建設的な話し合いが積み重ねられ、自然豊かで人に優しい洛西地域に相応しい新たな小中一貫校が創設されるよう、私も取り組んでまいります。