認知症初期集中チーム

認知症の入り口段階での不安、悩みを抱えておられる、あるご家族との関わりから、平山さんは

認知症の初期段階・入口での対応が重要ととらえ、ご本人とその家族に安心していただく施策として

〝認知症初期集中支援チーム”を早期に京都のすべての行政区に設置するよう提案し、門川市長からも「早期に

設置します」との返答を得ています。

この”認知症初期集中支援チーム”では、悩まれている方のお話をじっくり聴き、その対策を提案し、細やかな

アドバイスを受けられます。

また認知症に対する正しい知識を受講した”認知症サポーター”の中で、特に活動意欲のあるサポーターの方々が、

地域で認知症の人を支えることのできる仕組み作りを、進めることを提案しています。