胃がんの早期発見・治療のための胃カメラ検査

京都市では、50歳以上の市民を対象に胃がん検査を実施しています。

平山よしかずは、更なる胃がんの早期発見・治療のために「胃カメラ検査」の実施を提案。

平成29年6月から指定医療機関(西京区では、桂、三菱、洛西シミズ、西京都の4医院)にて、

「胃内視鏡検査」(胃カメラ検査)を始めました。市民の声を聞き、粘り強く最後までやり遂げる平山だからこそ

実現しました。