議会活動

LGBT(性的少数者)への行政対応について 文化環境委員会

更新日:

12月1日(金)の市会文化環境委員会では、市長提案議案の審議及び一般質問を行いました。

私は、議第136号として提案された宝が池公園(左京区)に新設される市民体育館に関して、「既存の地域体育館(市民体育館)の老朽化対策・維持管理をしっかりと」「地域体育館での観客(応援者)へのベンチ設置などの工夫を」と求めました。

また、一般質問では「性的少数者(LGBT)への市民理解を深める取組みを行うとともに、様々な公的届出書類等での性別欄の見直しを」と求めました。日本社会はLGBTに対する実感がまだまだ低いといわれています。そのなかで差別を乗り越え性的多様性を認める人権文化の息づく社会への対応が必要とされています。区役所の窓口などでの届出書類の性別記入欄の必要性を吟味し、記入欄の廃止やその他欄を設けるなど適切な様式にすることができないか ーーー 人権文化の息づく京都市でこそ率先して検討すべきです。

-議会活動

Copyright© 京都市会議員 平山よしかず , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.