最新の地域活動

新型コロナ感染症への最も効果的な対策は『私たち一人ひとりが、いまその場で、出来ること(StayHome)に取組む。その連帯が地域社会、世界の感染症予防に広がる』ことではないでしょうか。 私たちの住む西京区、その区役所の取組みに感心しました。

【Stay Home西京~家にいよう。みんなのために。~】新型コロナ対策情報、健康体操・ぬりえ・工作、デリバリーやテイクアウトのお店紹介など、家庭で取り組める情報リンク集が西京区ホームページで公開されました。 →https://www.city.kyoto.lg.jp/nisikyo/page/0000268907.html 私たちの連帯のチカラで困難を乗り越えましょう!

(2020/04/28)

facebook

最新の動画

2018年10月18日 撮影

5月市会では教育委員会からLINEなどSNSを活用したいじめ相談窓口を設置する補正予算が提出され審議可決しました。

特に知ってほしい実績

ごあいさつ

 2007年に初当選させていただいて以来、
「誠実に」
「皆様のお声に耳を傾け、お一人おひとりのために働く」
「西京区を住みやすい街に」
を信条に活動を続けています。
 皆様のお声から、桂川の治水対策や桂駅東口の大雨対策などの防災対策、市営住宅のエレベーター設置などのバリアフリーの推進、市バスのダイヤ改善やバス停ベンチ設置などの交通の充実、子育て世代向けリノベーション住宅創設や不登校児対策、いじめ対策などの安心の子育て環境の整備、ニート・引きこもりなど悩みを抱える若者世代の総合相談窓口設置などを実現してきました。
 これからも、地域の防災・減災対策、介護・認知症施策の充実、子育て環境の整備などに更に取り組んでまいります。
 小さな声を聴くチカラ―――平山よしかずは、真剣に、誠実に、働きます!